近所の揉め事を司法書士に相談する祖母

私たち家族は名古屋市に住んで、今年で20年になります。私たち夫婦が結婚した当初は、夫の勤務地でもあった大阪に二人で住んでいましたが、夫の母の「一緒に住んでほしい」という願いを受けて、名古屋に引っ越したという経緯です。

成年後見制度 NPO法人任意後見ネットワーク

あまり言いたくはないのですが、この夫の母親がかなり大げさな人で、何でも大事にしたがる悪癖があり、正直困っています。
しかも、私たちの住まい近くには、義理母の古くからの友人が司法書士事務所を開設しており、彼女は何かというと、この方に相談したがるのです。

司法書士 郡山

先日も、不意こんなことを言い出し、私と夫を困惑させたことがあります。義理の母は毎朝自宅前を掃除する習慣がありますが、ある日、お隣の息子さんが通りかかったそうです。義母曰く、「私は挨拶したが、向こうがそれに返礼しなかった」とのことで、「これは○○さん(司法書士の方の名前)に相談しないとね!」と、傍から見るとまるでいいがかり的なことで、知人の司法書士に連絡しようとするのです。

営業譲渡と担保権消滅請求|知っておかないと損をする中小企業経営の為の法律情報 法律コラム|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

幸い、その際は夫の「母さん、そんなことで相談されても、先方も困るだけだから」という一言で収まりましたが、正直いつ妙なことで司法書士事務所に駆け込まないか心配でたまりません。
内心では「そろそろ認知症が入ってきてるのかしら」と思ったりもしますが、「義理」の母という関係から、なかなか病院に検査に行きましょうとも言えず、困っている私なのです。