インプラントの手術は本当に安全なのでしょうか

人間の歯は乳歯から永久歯へと生え変わり、その後は生涯を通して変化しません。そのため、古戸のころに生え変わった後は、歯磨きなどのケアを欠かさずに、その歯を大事にして生きていくことになります。

3M|チタンコートカッター|はさみ・カッター製品|文具・オフィス用製品|製品とサービス

しかし、例えばの話ですが、「虫歯が悪化してしまい、自前の歯を抜くしかなくなった」とか、「交通事故に合って、前歯を折ってしまった」など、何らかの原因でこの生え変わりの無い永久歯を失うことになるケースが稀に存在しています。
こうなった場合、対応する治療法としては、「入れ歯」をするか「インプラント」と呼ばれる顎の骨へ直接人口の歯根を埋め込む方法を使うのが一般的になってきているのです。



さて、このインプラント治療についてですが、いくら顎に人工歯根を埋め込む手術が必要とはいえ、近年は医療技術の発達に伴い、その成功率と社会的な認知度が上がってきています。
よく患者さんの中に、「インプラントの手術は本当に安全なのでしょうか?」と聞かれる方がいる模様ですが、基本的に施術の成功率は「上あごの歯なら8割以上」、「下あごの歯なら9割以上」が成功しているとの統計が存在しています。
残念ながら、少数の失敗事例も報告されていますが、自分がそうならないため、次のようなポイントに気を付けてインプラント治療を受ける歯科医院を選択してください。

あなたも常習者!?歯ぎしりが怖い理由|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック

まず、院内設備に最新設備が使われていることはもちろんですが、歯科医師自体に手術成功の実績数があるかどうかは非常に重要です。インプラントの埋め込み手術を行うのは、当然ながら歯科医師になり、その本人に確かな経験と技術があることが大きなポイントとなるのです。